ララリパブリック 葉酸サプリ LaraRepublic 効果 評判

妊活と言う言葉から

「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、女性がやるものだという印象が強いかと思います。
ですが、男性にも出来る妊活があるんです。
それというのも、葉酸を十分に摂るという事なんです。
流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、夫である男性側に問題があるという事だってあるのです。
特に注目したいのは、精子の染色体異常です。
これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。
質の高い精子をつくり、染色体異常のリスクを低減するためにも、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてください。
いわゆる不妊症の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性由来の場合と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側に原因があることとが挙げられると思います。


更に細かく言えばきりがないですが、一番良くないのは「思い込み」ではないでしょうか。
両親そろってこそ赤ちゃんは出来るのです。
男性、女性、両方が早めに検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。
二人目が欲しかったのですが、なかなか授からないので産婦人科に行きました。
夫婦両方で検査するのが望ましいと言われたのですが、言い出しにくい感じがしたので、まず私の方でできるタイミング療法から試すことにしました。
月に一度通い、一回3000円と手頃でしたが、それでも妊娠に至らず、時間が経つよりマシと思い、高価な葉酸サプリも買って飲みました。
私の場合はそれが良かったのでしょう。
早々に下の子を授かりました。


ホルモンのバランスを改善することで、妊娠しやすい体づくりを進めることが出来ます。
中でもヨガは、ホルモンバランスの調整に大変有効です。
ヨガの深い呼吸法と適度なストレッチはリラックス効果がありますし、自律神経が整い、ホルモンバランスを整えてくれる効果が期待できます。
「妊活 ヨガ」で検索すると、妊活に適したヨガの動画が見られますから、自分の部屋で出来るのでお手軽ですし、軽く運動する事で、凝り固まった体を柔らかくほぐし、代謝を上げてくれます。
崩れがちな身体と心のバランスをキープしてくれますから、ヨガは簡単に実践できて、効果の高い妊活だと言えるでしょう。
妊活中の方に、ぜひ読んでいただきたいのですが、妊活中には亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。
亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。
なぜなら亜鉛は、卵巣に作用する事で、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。
また、亜鉛の効果は女性に限らず、男性側も、十分に亜鉛を摂取するようにしましょう。
亜鉛は卵巣に働きかけるだけでなく、精子の質を高めることをサポートしてくれるのです。
妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみてください。
ビタミンB群のひとつである葉酸は、代表的なものですと、ホウレンソウやブロッコリーに多く含まれています。
葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。
それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を下げる効果が認められています。
厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は一日当たり400μgの葉酸摂取が推奨されています。
また、厚生労働省が推奨するように葉酸のサプリメントで不足分を補給しても賢い方法だと言えます。
妊娠を希望している方や、計画されている方に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取を求めています。
葉酸は胎児の正常な細胞分裂に働きかける栄養素で、妊娠初期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが高くなるという話があります。
もちろん、葉酸を摂取したら確実に発症を回避できるのかと言うとそうではありません。
ですが、可能な限りそのリスクを低減するために、妊娠1か月以上前から妊娠初期の、最も葉酸が必要となる時期に、日常的な食事以外に、サプリや栄養補助食品を利用しながら、1日に400μg(0.4mg)を理想とした葉酸摂取を行うと良いでしょう。
妊娠がわかったら何より先に葉酸を摂取するようにと言われるように、この二つは大変密接に関わりあっています。
なぜかと言うと、葉酸の果たす役割が、妊娠初期に最も重要になるからです。
もちろん、妊娠を希望する妊活中の方にも言えるでしょう。
妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、妊娠に適した体で赤ちゃんを授かれるように、妊活中には十分に葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。
皆さんは普段サプリを利用していますか?サプリは不足しやすい栄養素を手軽に補給できるという利点があります。
妊活中の方をサポートし、体調を整える働きが望めるものは様々にありますが、葉酸入りのものにすれば、間違いはありません。
葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、正常な細胞分裂を促すことで、赤ちゃんが先天的な異常を発症するリスクを下げることが出来ます。
それと、精子の染色体異常を軽減する可能性が高いそうです。
夫婦どちらに対しても効果的な、妊活中の夫婦には必要不可欠なサプリだと言えるでしょう。
妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。
鶏卵・ごま・レバーに、珍しいところでブロッコリーなども大事な栄養素が含まれていますから、意識して食べたい食品に入ります。
全体的にはバランスよくさまざまな食材をとるのが理想的です。
一方、妊娠を妨げる可能性のある食品群は避けたほうが、妊娠してからも楽になります。


Lara Republi (ララリパブリック)





 

サイトマップ